給食の話

給食の話

今日、同僚とお昼ご飯を食べていたときに、給食の話になりました。

同僚は、小学校はお弁当で、中学校の途中から給食になったのだそうです。

その給食がとてもまずかったと言っていました。

何がまずいかと言うと、まず主食となるご飯とパンがとてもまずかったのだそうです。

ご飯は、ずんどうに入っていて、それをつぎ分けていたのだそうです。

そのご飯は、いつもびちゃとしていてまずかったのだそうです。

パンは丸い形をしていて、大きくてパサパサで味がなく、これまたまずかったのだそうです。

主食となるパンとご飯がまずいのは致命的ですよね。

同僚の学校では給食はみんなに不評だったのだそうです。

でも、食べないとお腹が減るから我慢をして食べていたと言っていました。

私は、小学校が給食で中学校はお弁当でした。

私が通った小学校は、ご飯はお弁当箱のようなものに入って1人に1個配られていました。

このご飯は、普通のご飯でした。

パンは、いろいろな種類ものが出たのですが、一番多かったのは、普通のコッペパンでした。

これも、ちょっとパサついてはいたのですが、まあ、普通でした。

パンの中で美味しかったのは、何と言っても揚げパンです。

揚げたパンに甘いきなこがついていて、とても美味しかったです。

この日は給食が楽しみでした。

逆にこれは‥と思ったパンは、キャロットパンとパインパンというパンです。

両方ともコッペパンにドライキャロットとドライパインが入っていました。

このドライキャロットとドライパインが何とも言えずまずかったのです。

「まずいおかずもいろいろとあったね」、という話にもなりました。

「給食には一般家庭では作らないような変わったメニューがたまに出てくるよね」と同僚が言いました。

確かにありました。

これは絶対に一般家庭では作らないようなものが。

それは、にんじんのオレンジ煮です。

これは恐ろしくまずかったです。

子供が食べやすいようにオレンジで煮たのでしょうが、この組み合わせはちょっと‥と子供ながらに思っていました。

今考えてみると、まずいものも多かった給食ですが、もう一度食べてみたいなという感じもします。

今食べてみたら当時まずいと思っていたものでも意外と美味しいと感じるかもしれません。

でもやっぱりそれはないかな‥。

iphoneのメール

iphoneに替えたものの、いろいろと戸惑うことが多発しています。

替えてすぐの頃はメールに慣れず、同じ人に何件も送ってしまったり、間違えて電話をしてしまったりしてしまいました。

iphoneに替えてすぐのときに友人からメールがきました。

返信しようと思ったら間違えて電話をしてしまい、あわててすぐに電話を切りました。

まだ繋がっていかったのではないかと思っていたのですが、電話は繋がっていたようで、友人から「今外出中だからメールにしてもらうと助かる」というメールがきました。

ごめん!と思い、iphoneに替えたので、メールを返信しようとして間違えて電話をしてしまったというメールを送ろうと思ったら、また間違えて電話をしてしまいました。

軽く触れただけで電話が発信されてしまうので、注意しなければいけないなと思いました。

その友人には、メールに慣れてからメールを送りなおして謝りました。

とても迷惑なことをしてしまいました。

iphoneでは、ソフトバンクで使っていた今までのメールアドレスとiphoneでのアドレスの2つのアドレスがあります。

この違いも最初はよく分からず、メールがきたという表示が出たときに、どこ見れば良いのかよく分かりませんでした。

そして、私が使っているiphoneは、iphone4Sなのですが、iphone4Sのメールは、チャットのような感じでメールが表示されます。

一つの画面で送ったメール、それに返信されたメール、そしてまたそれに返信したメールとやりとりをしたメールの全てが一つの画面に出てくるのです。

しかも、メールが吹き出しのような形で出てくるというとても斬新なメールです。

今までとは全く違う形式なので、最初は慣れずに戸惑ってしまいました。

まあ、やりとりを全部見ることができるので、便利と言えば便利なのですが、やはり慣れていた分、今までの携帯のメールの方が使いやすいなと思ってしまいました。

iphoneのメールは、使い始めて1週間ほどでようやく使い方が分かってきました。

メールの入力方法も今までの携帯のメールとは違うので、慣れるまでは打ちにくかったです。

前に戻って1文字削除したいという基本的な方法も、最近になってようやく職場の人に教えてもらいなんとか解決しました。

メールだけでも使いこなすにはまだまだ時間がかかりそうです。